INTRODUCTION

英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓うヴィヴィアン・ウエストウッド
そのパワーの秘密に迫る刺激と情熱に満ちたドキュメンタリー!
英国のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドは、数々の伝説を纏っている。米国アカデミー賞®の授賞式では、メリル・ストリープやヘレン・ミレン、ティルダ・スウィントン、ヘレナ・ボナム・カーターなど、演技だけでなく生き方までがパワフルな女優たちが、彼女のドレスでレッド・カーペットを飾ってきた。また、映画『セックス・アンド・ザ・シティ』でサラ・ジェシカ・パーカー扮する主人公のキャリーが着たウエディングドレスは、誰もが初めて目にするルックで一大センセーションを巻き起こす。その膝丈バージョンを作って公式サイトでネット販売したところ、一瞬で完売という記録まで作ったのだ。

1993年には、ドラマティックなまでにヒールの高いシューズ“スーパー・エレベイテッド・ギリー”を履いていた、スーパーモデルのナオミ・キャンベルがキャットウォークで転倒。ファッションニュースのトップを飾るほど話題になり、同じ靴がロンドンの博物館に納められた。そして遂には、エリザベス女王から〈デイム〉の称号を授けられる。

だが、何よりもレジェンドなのは、大企業の傘下に入ることなく、77歳にして世界数十カ国、100店舗以上を展開する独立ブランドのトップかつ現役デザイナーという、彼女の存在そのものだ。そんなヴィヴィアンを包んできた、最強にエレガントなベールの裏側に迫る、ドキュメンタリー映画が完成した。

CAST

デイム・ヴィヴィアン・ウエストウッド
Dame Vivienne Westwood
1941年4月8日、イギリス中部のダービーシャー生まれ。本名はヴィヴィアン・イザベル・スウェア。絵が得意で、アートを専攻し美術教師を志す。1962年にデレク・ウェストウッドと結婚、長男ベンジャミンをもうけるが、3年で破局。1965年に弟の友人マルコム・マクラーレンと出会い、彼との間に次男ジョセフが生まれている。1971年にマルコムと共にブティック「レット・イット・ロック」をキングスロードにオープン。ヴィヴィアンが制作を担当、これをきっかけにデザイナーの道を歩む。ロックをコンセプトとした挑発的なファッションで、ロンドンの若者から熱狂的な支持を得て、のちに「パンク・ファッション」として脚光を浴びる。
1981年に初のコレクションを発表。同年、マルコムと決別、共同経営関係のみ継続したが、2年後に正式解消した。その後、デザインの傾向を19世紀以前のヨーロッパからインスパイアされた、エレガントな路線に変更し、大成功を収める。1989年に現在のパートナーであるアンドレアス・クロンターラーと出会う。教師と教え子という立場だったが、翌年から共にコレクション製作を始め、二人は1993年に結婚。その強いパートナーシップでファッション界をリードしてきた。現在ヴィヴィアンは環境保護、人権保護問題の活動家として、資金援助や支援活動に積極的に参加している。

STAFF

監督 : ローナ・タッカー
Director Lorna Tucker
ロックバンドのアンクル、ルーペ・フィアスコ、ザ・カルト、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ等のツアーバスに同乗してライブ映像やミュージックビデオの撮影を担当し経験を積む。その後、長編やドキュメンタリーの監督・脚本を手がけ始め、アレキサンダー・マックイーン、ヴィヴィアン・ウエストウッド、ナイキ、レッドブル、ショースタジオらと組み、実験的な映像プロジェクトに携わった。それらの映像作品はサンパウロ近代美術館やビルバオ・グッゲンハイム美術館で上映されている。さらに、国際人権団体のリバティやアムネスティ・インターナショナルと組み短編フィルムを制作した。
本作『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』は初の長編ドキュメンタリー作品となる。2018年はこのほか、ネイティブアメリカンの女性に対する強制不妊を題材にした『AMÁ』が公開した。